プロジェクトゴールまでの道のりを共にワクワクしながら進めたい

CONSULTANT

上野 翔 Sho Ueno

スカイライトコンサルティング株式会社 マネジャー

早稲田大学先進理工学研究科修了。広告系ベンチャー企業を経て、2018年にスカイライトコンサルティングに参画。中期経営計画策定、新規事業立案をはじめシステム導入支援、BPRなど多様なテーマのコンサルティングに従事。主にBtoC企業向けの戦略策定から実行推進までを手掛ける「ビジネス戦略ユニット」に所属している。


お客様が楽しく仕事をすることにも貢献したい

コンサルティングにおいて、お客様の成果に貢献することが最も重要であることは言うまでもないのですが、一緒に働くことを楽しんでいただけるよう努めています。弊社には「いい未来を、共に生みだす。」というビジョンがあります。プロジェクトで取り組むことは成果が出るまでに時間がかかることが多いため、プロジェクト関係者の方に、その道のりにおいても良い時間を過ごしていただくことにも貢献したいと考えています。

仕事に費やす時間は人生の中で非常に大きな割合を占めています。義務感で過ごすだけではもったいなく、私自身は、人は人生を楽しむために生きていて、その手段の一つとして仕事があるとすら捉えています。スカイライトと一緒に働いているとワクワクする、面白いと感じていただきたいと思っており、私の働きがどのくらいの人をどの程度楽しませることにつながっているのかも大切にしています。

具体的には、細かい話ですが、「打ち合わせごとに、これまで考えたことや聞いたことのない示唆や情報が出てきて面白い」「依頼したことが想像以上のスピードで整理されていた」「難しいと思っていた経営の承認があっさり取れた」「資料がシンプルで分かりやすく他部署との連携がスムーズに進んだ」など、お客様に驚きや次への期待を感じてもらえるように意識しています。

また、プロジェクトにおいて、関係者の皆様が納得できているかどうかは、ゴールや目標を達成するためにも、プロジェクトに楽しんで参画していただくためにも大切です。コミュニケーションの量とそのタイミングを重視し、必要なコミュニケーションはできる限り先んじて行います。お客様から「ここまで寄り添って進めてもらえるとは思っていなかった」「コンサルティング会社との協働でここまでコミュニケーションをとってもらえると思っていなかった」といったお声をいただくことも多くあります。

納得感を醸成するうえでは、「これなら勝てる」「これなら目標達成できる」という共通のゴール設定が前提となります。「なぜそこまでやる必要があるのか」「これで競合に勝てるのか」「より上位部門のゴールとどう紐づくのか」「本当に実効性のあるプランなのか」といった観点の整理に苦戦するお客様もいらっしゃるため、客観的な視点やデータからファクトを提示して議論ができるように日々インプットし、思考しています。特に、海外の先進企業ではこのレベルまでやっている、国内競合はここまで進んでいる、といった情報はお客様自身ではなかなか得にくいため、提供価値の一つになっていると感じており、今後も継続的にアップデートしていきます。

実行まで見据えた戦略策定で貢献する

戦略や事業計画を策定したものの、現場にうまく落とし込めずに成果に繋がらないという悩みを抱える企業は多く、弊社はご支援する際、運用知見も踏まえた地に足のついたコンサルティングを提供できることを評価していただいています。

事業計画策定時に、今のリソースで本当に実行できるのか、といった不安の声が上がることが多くありますが、どうやったら施策実行時の課題を乗り越えられるか、どういう体制にすればスムーズに運用できるのか、などを解像度高くお伝えすることで、現場の方にも納得していただける、実行性の高いプランを練ることが可能です。その精度を高めれば高めるほど、策定した戦略の実行に携わる皆様の生産性を高め、成果につなげることができます。戦略から実行までを力強くご支援できるコンサルタントになれるよう、今後も努めていきたいと考えています。

また数年前より、AIに関して特に興味を持ち、自身でもできる限りサービスを利用しながら常に最新の動向を把握するようにしています。AIは人が進んでやりたいと感じにくい業務を広範囲で代替できる可能性があると考えており、仕事をより楽しめるようにできると期待しています。お客様企業の生産性や創造性を高めるためにも、この分野を活用したコンサルティングサービスの提供も増やしていきたいと思います。

Skylight Consulting Inc.

Skylight Consulting Inc.

当サイトは、スカイライト コンサルティング株式会社の広報誌Webサイトです。弊社ではお客様企業へのインタビューやコンサルタントによるコラム等を掲載した広報誌を年2回(春・秋)発行し、お客様にお配りしております。当サイトではその各記事をご覧いただけます。

関連記事

特集記事

TOP